アーカイブ

【コダテリアン的生活★再開】

【コダテリアン的生活★再開】


しばらく封印しておりました私の唯一無二の趣味であり生甲斐でもある

『コダテリアン』

このブログを維持するためにずっと無駄にkodaterian.comにかかる費用を捻出しておりましたが・・・


そろそろ復活したく、ぼちぼちと戸建て賃貸物件の検索をはじめております。
最初に目に入ったのはこの物件!!!
http://www.kodaterian.com/archives/1817


これは私が4年前、ニュージーランドに住みはじめてすぐに見つけてブログへ掲載した物件。

(すみません、空白期間のこの4年の間に、ニュージーランドのオークランドに1年、フィリピンのセブ島に1年3か月、そしてまたオークランドで1年半ほど生活しておりました。ブログはそのまま続けようと思っていたものの、海外生活のドタバタや、なにより「自分が住める可能性が低いから妄想しにくい」ことによる焦燥感、、、などから検索意欲が削がれてしまっていたのと、実際に生活していたニュージーランドの物件検索に没頭した時期もあり、兎にも角にもこちらのブログがストップしていたことをここにお詫びいたします。)

さてこの物件、4年前にこのブログを読んだ友人が、そのまた友人にこの記事を伝えてくれて、見事その友人の友人が住み始めた、と聞き、NZ在住となってしまったコダテリアンとしても、とっても嬉しく思った物件でございます。


4年前、家賃が6.2千円だったこの借家、、、今回3千円値下げの5.9千円で再登場。(相変わらずプラス共益費5千円。戸建て賃貸なのに・・・何に使う共益費なのかしら)
https://suumo.jp/chintai/jnc_000063211979/?bc=100211831641
(いくつもの業者がこの物件を掲載しておりますが、今回はこちらが一番画像が大きくはっきりしているためこちらをチョイス)


しばらくコダテリアン生活を放棄してしまっていたため、4年前からちゃんと追っていたわけではなく、この家賃の値下げが2年前なのか今回からなのか、そこが定かではない部分がコダテリアン的にはヒジョーーーーーーーに残念無念です。


今後はまた改めて戸建て賃貸検索を続け、きちんと把握していければいいなと思う次第です。


あと、私がブログでは「欲を言えばお風呂が~追い炊きにして欲しかった!!」と書いているのに、今回掲載されている画像を見る限り、追い炊きの可能性があります。はっきりとした「追い炊き機能」という表記が物件紹介に載っていないので、もしかしたら無いのかもしれませんが、、、私が4年前にこの物件の画像を見たときには今回追い炊きとみられる部分の画像が載っていなかったのかもしれません。
なんにしても追い炊き機能が付いていればラッキーです。
(というか、そもそもで物件の掲載情報をもっと細かく書いて欲しい!!!)


ただ、今回の物件画像、前回とほぼ同じものが使われているため、実際の室内や水回りはもう少し古びている可能性が大。
それと、礼金は不要ですが、保証会社の利用が必須、そして何やら3.3万円もの抗菌や安心生活のための契約も必要なようで、、、初期費用はかなりかかってしまうと思われます。
(仲介手数料1ヶ月分、敷金2ヶ月分、家賃&共益費1~2ヶ月分、保証会社が家賃の30%分、その他諸費用として3.3万円)
ざっくり30~35万円ほどですね。
忘れてはならないのが引っ越しにかかる諸経費はそれのみでは無いことです。
引っ越し作業にかかる費用、そして必要相当なエアコンの移設、そして今現在の家賃の重複分、その他にも住所変更にかかる各種手続き。。。


引っ越しって大変ですね!!!


私自身は趣味のように引っ越しを繰り返してきた身でして、数年前にやっと
「あ!!引っ越し貧乏ってこういうこと!?」
と気付いた次第です。(お恥ずかしい


あ、ついついこの物件の話から逸れてしまっていました。


ただ、4年前にブログに書いた以上の情報が今回の募集で書かれているわけでは無いのでこれ以上の情報掲載につきましては割愛させていただきます。


家賃が日本一安いとも言われる愛媛県の今後の戸建賃貸、、、やはり便利でお気楽なマンション生活に押されているのではないかと思います。
設備はどうしてもマンションに劣りますもんね!!


でも、今後どんどん進む高齢化社会の中で、それでも戸建賃貸を守っていきたいコダテリアンといたしましては・・・・・・


と、書いてみながらふと考えました。


今後、戸建賃貸事情はやっぱり厳しいな。。。


だって、新しい家は賃貸に出ると家賃が高すぎる!!
そして戸建て好きな方なら誰しも一度はうっすらと憧れる「古民家」は、その年代の古さから家賃こそ安い部類に入りますが、今となってはもう、設備が古すぎて現代人の生活に合わず最終的には敬遠されがち。(耐震性にも不安が残りますしね)


そもそもで戸建賃貸の家賃の具合は、設備などの新しさに比例しているとも言えるので、「そんなに高い家賃を支払うんだったらマンションの方がもっと利便性のいい立地で、しかも同額の家賃を払えばもっと設備もいい」とみんなが気付いてしまうじゃぁありませんか。


戸建賃貸の需要は、マンション生活が不慣れなある程度な年齢層の方々、それから、一部の子育て世代、そして広さは欲しいけれど家賃を抑えたい方々、、、などにあると思います。


今後はサラリーマン生活に終止符を打ち、第二の人生として何か自営業を、という方に向けて、戸建賃貸を「住み家」ではなく「事務所」としても生かせるような提案を大家さんにしていかないといけないのかも、、、と思いました。


そうすることで、戸建賃貸の老朽化を防ぎ(誰も住まなくなった家がお化け屋敷化するまでには数年もかかりません!)、なおかつ、地域の活性化にも繋がる、という希望の光になっていく可能性を多いに感じます。

さて、皆様には、、、

今後ともコダテリアンをよろしくお願いいたします!